トップページ戻る

『密教文化』寄稿規程

1条 『密教文化』は、日本およびアジア地域などにおける密教の思想や文化を中心として、広く仏教および宗教全般に対する学術研究論文などの掲載発表をもって、密教文化の学術的解明の発展に寄与することを目的とする。

2条 『密教文化』に寄稿できる者は、次の通りとする。

1)密教研究会正会員

2)編集委員会が特に依頼した者

3条 原稿は、原則として400字詰原稿用紙50枚以内とする。ただし、編集委員会が認める場合、この限りではない。

4条 写真、図版等の掲載は、1原稿につき5点までとする。それを上回る数の写真、図版等の掲載を希望する場合、その印刷に要する経費について、編集委員会は寄稿者に請求することができる。                  

5条 寄稿された原稿は、完成原稿でなければならない。当該原稿は、査読委員会の査読を経て、編集委員会が掲載の可否および掲載の時期、印刷の体裁を決定する。また、編集委員会は、寄稿者に補筆および修正を求めることができる。

6条 原稿料の支払い、掲載料の徴収は行わない。

7条 寄稿者には、掲載紙2部および抜刷30部まで贈呈する。

 

付記 印字原稿を提出の場合、プリントアウトした原稿とデータを保存した電子媒体(FDCDなど)も同封すること。

 

附則

一、本規程は、平成9627日から施行する。

二、この規程は、平成151125日に改正し、平成1641日から適用する。

三、平成211216日、付記を追加。

備考  論文の寄稿に当たっては、所定の投稿論文添付用紙と和文要旨原稿(600800字厳守)に可能な限り英文要旨原稿を添えて提出すること。この備考項目は、平成19年度刊行の『密教文化』への寄稿論文から適用する。

トップページ戻る